VIO脱毛やるときって恥ずかしい?【施術の動画あり】服装や体勢を詳しく解説

更新日:

VIO施術の流れ

VIO脱毛はいわゆる「ビキニゾーン」をきれいにする脱毛です。最近は学生さんでもVIO脱毛する女性が増えてきました。露出度の多い服・ビキニなどおしゃれを楽しみたい女性だけでなく、衛生的にも良いということから「やってみたい」と思っている人が多いみたい。

しかし、いざ脱毛するとなると不安もありますよね。

  • どのように施術するのか
  • どんな服装でやるのか
  • VIOの施術はどんな体勢で脱毛するのか

などなど、ここではVIO脱毛の施術時の注意するべき点などをご紹介します。これを読めばもう心配いりませんよ。

VIO脱毛のやり方・施術の流れ

VIO脱毛のやり方と施術の流れ

では気になる当日の施術の流れについてみていきましょう。サロンやクリニックによって少し違いもありますが、基本的なところは共通していますので参考にどうぞ。

[timeline]
[tl label='STEP.1' title='着替え']
サロンに到着したら、まずは着替えをします。これは下着を脱いでタオルを巻いてするところと、サロンで準備された紙製のショーツを身に着けるところとあるようです。

下着も、パンツの形のところもあれば、Tバックの形態のところもありますので、気になる人は事前に確認しておきましょう。

不安なことはなんでもサロンの人にチェックしましょうね。紙製ショーツの場合使い捨てで、どちらを前にするか後ろにするかというのがありますが、基本的に隠す部分が少ない方が前で、多い部分が後ろとなります。 [/tl]
[tl label='STEP.2' title='ラインごとに施術']
着替えを済ませたら、それぞれのラインごとに脱毛をしていきます。脱毛箇所を確認し、特に問題がなければ消毒をし、ジェルを塗って施術開始です。ラインごとの体勢についてはまた後ほど紹介します。

「どんな体勢で脱毛するの」に移動[/tl]
[tl label='STEP.3' title='アフターケア']
一通り施術が終わったら、今度はアフターケアです。「終わったあと肌がヒリヒリしちゃうんじゃないかな」と心配している方、もちろんサロン側できちんとケアしてくれますよ。脱毛はやはり多少なりとも肌にダメージを与えますので、保湿をしてもらいます。独自の保湿マシンがあり、その機械によって保湿をしてくれるサロンや、ケア用のジェルを塗ることで保湿してくれるサロンもあります。

ケア終了後は、着替えて帰宅となりますが、サロンによって次回の脱毛の予約をするケースもあるでしょうし、お茶やコーヒーなどが出てリラックスできるところもあります。[/tl]
[/timeline]

VIOの脱毛はどんな体勢で施術するの?

さて脱毛の際の体勢ですが、ラインごとに体勢も違います。実際どんな風に施術しているのか動画でみた方が分かりやすいと思うので、youtubeにあった動画を紹介します。

Oライン(うつ伏せ)

Oライン施術中の体勢

Оラインの時は「うつぶせ」でおこないます。タオルをつけている場合は、レーザーを照射しない部分を隠した状態・紙ショーツならTバックのようにして(全部脱ぐ場合もあります)お尻部分を露出して施術します。

かかる時間はだいたい5~10分ぐらい。お尻を出すということで抵抗がある方もいるでしょうが、自分自身はうつぶせなので、エステティシャンと目が合うことはありません。この点は安心ですね。

Iライン( 仰向け)

Iライン施術の体勢

そしてIラインでは「仰向け」になります。仰向けになったまま、片ひざを立てて外側に倒した状態で脱毛してもらいます。正直ちょっと恥ずかしい…と思う方もいるでしょう。私もそうです。ここは美しくなるため、10分くらいですみますからじっと我慢しましょうね。

もっともデリケートな箇所だけに痛みも感じやすいところではあります。粘膜の部分は見えないようにしてくれますが、照射のために周辺部分を引っ張られることはあります。

サロンではサングラスなど用意してくれるところもあり、こちらが恥ずかしい思いをしなくて済むようにと最大限に配慮してくれます。向こうはプロですし、かえってあまり恥ずかしそうにしていてもやりにくくなるかもしれません。踏ん切りをつけていどみましょう。

Vライン(仰向け)

Vライン施術中の体勢

Vラインも一緒で「仰向け」です。紙のショーツなど着ているものを片側によせ、片方ずつ施術をします。足は閉じたまま寝ていればだいじょうぶです。またVラインについては、どんな形で脱毛するかをスタッフと相談しながらおこないます。

施術範囲は各サロンでも違いますので、気になる方はサロンに施術する前に聞いておけば安心です。

施術時に注意することって?

施術時に注意すること

VIO脱毛をするときに気をつけるべきことはあるのでしょうか?サロン側でもチェックはしてくれますが、自分自身でも施術前に確認しておきましょう。

[memo title="しっかり保湿しましょう"]
第一に、肌荒れなど炎症が起きていないかというのは非常に大事です。お肌で何かトラブルを抱えていれば、脱毛によって悪化してしまうこともありますので、ご用心。肌がカサカサしていても施術は難しい場合があります。「自分は乾燥肌だな」と感じる方は、保湿クリームを塗ってお手入れするといいですよ。
[/memo]

[memo title="お酒は控えめましょう"]
アルコールも飲んではいけません。脱毛サロンは大部分のところで、「当日のアルコールはNG」としています。アルコールを飲むと血行がよくなって体温が上がります。脱毛部分は施術後軽く炎症を起こした状態になります。大幅に脱毛するのですから、これはしかたないですよね。アルコールを摂取していると、その炎症がひどくなる・皮膚がかゆくなるなどの可能性があるのでご法度なんです。
[/memo]

[memo title="激しい運動も控えて"]
汗をかくような行動はよろしくなく、スポーツをする・サウナに入るなどもダメです。当日だけのNG行為なので、その日だけはお酒が好きな方・スポーツ(運動)を欠かさない方も我慢しましょうね。
[/memo]

[memo title="施術の前には必ず自己処理を"]
ムダ毛の処理も自分でしておきましょう。VIO脱毛では「フラッシュ(光)脱毛」が主であり、長い毛ではマシンがうまく作動してくれないため、自分で短い毛にしておくことが必要です。ムダ毛が多いと残念ながら当日脱毛の施術を断られるケースもあるんですよ。

ちなみに特に長い毛はハサミでカットしてから、シェーバーで毛の生えている流れにそって処理します。

ただしOラインは見づらい部分です。サロンでのシェービングサービスをしているクリニックもありますから、そちらを利用するのもいい方法です。
[/memo]

まとめ

今回はVIO脱毛の施術の流れ・各ラインごとどんな体勢で施術するのか、どんな服装で行うのかや、施術する上での注意点をお話ししました。

ちょっと恥ずかしい格好もしなくてはいけないので、女子としては一大決心、勇気もいりますが…サロンの方は脱毛のプロです。

大船に乗ったつもりで、施術をお任せしてくださいね。これを乗り越えれば思い切ったファッションにも挑戦できますよ。

Copyright© 【VIO脱毛fun】VIO脱毛の喜びを分かち合うブログ , 2018 All Rights Reserved.